UNITED FOR PEACE FILM FESTIVAL(UFPFF) 2021 - 20 SEPTEMBER 2021

国際平和映像祭(UFPFF)2021 ファイナリスト

血だらけのブーツ

イランでは有名なことですが、イランの地図の形が座っている猫と同じ形のため、猫をイラン国民の象徴として使用しました。 私は、2019年11月にイランで起きたことと、政権がいかに残酷なものであるかを、世界中のすべての人々に示すイベントの一場面を記録しました。

レイラ・アハン監督/テヘラン芸術大学/イラン

私はイランで生まれました。物理学の学士号を取得し、現在はテヘラン芸術大学でアニメーション演出の修士号を取得しています。2010年にプロとしてのキャリアをスタートさせました。それ以来、アニメーター、レイアウト、コンセプト、背景アーティスト、ディレクターとして、いくつかの短編アニメーション映画、テレビシリーズ、コマーシャルに携わってきました。

自由に羽ばたくこと

この作品は、密猟者の違法行為によってアフリカオオハナインコが受ける苦痛やトラウマについての認識を高めることを目的とした短編アニメーション映画です。これは、長い間一緒に暮らしていた2羽の愛鳥(ペリーとリンダ)の物語です。彼らは幸せに暮らしていましたが、彼らのコミュニティが密猟者に侵略され、ペリーは捕らえられ、遠くの見知らぬ土地に連れて行かれました。それはトラウマになるような旅でした。リンダは、いつかペリーが戻ってくることを願いながら、孤独感に苛まれていました。これは、この違法行為に直接または間接的に関わっているすべての人に、声を上げて戦い、私たち全員(人間と鳥)が生態系の中で平和に暮らせるようにするための警鐘です。

オケレムテ・オヴオロ監督/ブルーリボン芸術学校/ナイジェリア

オケレムテ・オヴオロはアニメーターであり、撮影監督です。ナイジェリアのBBC Media Actionをはじめ、さまざまなメディア機関で働いていた。ナイジェリアのフランス研究所やドイツ大使館が主催するアニメーション・ワークショップにも参加。ナイジェリア・フィルム・コーポレーションの子供向けアニメーション映画プロジェクトの脚本コンテストで優勝し、「Lake Kabula」と題したアニメーション映画は、2020年タゴール国際映画祭の自然・環境・野生動物部門で最優秀作品賞を受賞しています。

タグ

この物語は、現代社会への皮肉です。この世界は作られたもので、私はタグを使って様々な人のステレオタイプを表現しています。社会のすべての人々は、この世界に来たときから異なるタグでラベル付けされています。私は、ジェンダー、ボディシェイム、社会階級、学生を定義するためにスコアのみを使用すること、そして仕事のステレオタイプなど、様々な側面から異なるステレオタイプを示しました。人々は他の人にタグ付けされ、自分も他の人にタグ付けされます。彼らはこれらのタグによって定義され、本当の自分を見せることはありませんでした。最終的に、彼らはすべてのタグを放棄し、本当の自分になることを決めました。

ジーイー・ワン/コロンビア大学/中国

ジーイー・ワンは、ニューヨークを拠点とするアーティスト、フィルムメーカーです。現在、バイドゥでアニメーションデザイナーとして、またSFKでポートフォリオのパートタイム講師として働いています。2021年にSVAのアニメーション学科を卒業し、コロンビア大学の大学院に進学する。彼女の作品は、世界中の数々の賞や映画祭で認められ、上映されています。また、複数のアニメーションやゲームのプロジェクトにも参加しています。彼女は、人目を引くダイナミックな作品を作ることに努めている。

平和を紡ぐ思いと想い

学校の友達、親子、通りすがりの人同士…日常にあふれるほんの些細なすれ違いやいざこざが平和を壊すきっかけになってしまうかもしれない。平和にとって必要なものは何か、私たちの考えを映像に残しました。

金谷 瑛璃監督/京都精華大学/日本

京都精華大学マンガ学部の学生(3年生)
金谷瑛璃、門浦奈央、中山雄斗、坂野海斗、大家翔、コウゲツメイ、リュウテンリン、オウフセイ、チョウテンチョウ、オウユレン、チョウホウ、リシエ

記憶とユートピア:時間の概念としての都市

すべてのものは単純なところから始まるが、時間と空間の流れによって複雑になり、都市も同様である。この映画では、カスターの「流れる空間」という概念を出発点として、都市を分解し、結合し、再編成することで、人間の社会システムが依存している生態系システムとどのように関係し、影響し合っているのか、人間の社会運営と生態系の持続可能性との間の矛盾を論じています。同じ時間と空間の中で、人間の都市の流れと法則を観察し、混沌の中に永遠の秩序を見出そうとする。

チャオ・ガオ監督、ルイ・ワン(編集)/南寧師範大学/中国

2021年には、先生の後を継いで、ショートビデオと都市再生の関連性を積極的に探り、空撮による都市建築の継承と再生を提示し、都市や街、コミュニティが担う文化を人々に理解してもらいました。

さようなら地球

このアニメーションは、自然を愛する老画家が離島に住み、人間が地球に与えているダメージを目の当たりにするというものです。

アミル・フセイン・ホッセイニ監督/チャムラン高校/イラン

アミル・フセイン・ホッセイニは、イランのマシュハドに住む17歳の映像作家です。コロナ禍に、アニメーション映画「Goodbye Earth」を制作。

75年前の僕ら

戦時下を生きた子供たちは、空襲を体験し、国のために働き、あるいは特攻隊に志願し、どういった感情を戦争に対して抱いていたのか。子供時代を戦争の中で過ごした10人の話から、戦争の真の恐ろしさに迫る。

飛川 優監督/工学院大学附属高等学校/日本

中学2年生で友人と映像編集を始める。震災の被災地や、小学校で行われている環境教育の様子、地域団体の取り組みなどを取材し映像にまとめた。子供向け防災動画の発信も行っている。2019年には中国人の友人と制作した映像が国際平和映像祭ファイナリストに選ばれた。

The last sea

今作は山口県の上関町が舞台です。
ここは原子力発電所の建設予定地になり39年が経ちましたが、未だ手付かずのままです。
その理由は、
瀬戸内海の原風景が唯一残る上関町の海を守ろうとする人がいるからです。
その人たちの想いを知ってほしく制作しました。

簾 颯人監督、浦本 雅監督/広島経済大学/日本

広島経済大学3年。
日本、世界を旅する中で出会う人々、風景に魅了され多くの人に知ってほしいと思い映像制作を始める。
映像を通し世界のリアルを伝え、旅で人生が豊かになった自分の様な人を増やし、希望に溢れた未来を描き表現していきたいと思います。

ブラック・フューチャーズ

フレヤはBLM(ブラック・ライブズ・マター)のデモに参加しようとするが、母親に連れられて行くことの危険性を指摘される。フレヤは、これが戦う価値のある目的なのかどうかを決めなければならない。

ジャスミン・スクリーヴェン監督/イサカカレッジ/アメリカ

ジャズミンは、イサカカレッジの3年生で、映画、写真、ビジュアルアートに情熱を注いでいます。言葉にならない物語を伝え、自分が重要だと思うことを表現することに責任を感じている。

バイオプラスチック

ブランシュとコリンは、食べ物もプラスチックでできている、すべてが合成された世界に住んでいます。

マルグリット・エイター監督/パリ 第8大学/フランス
パリ第8大学で映画監督の勉強をしながら、同時にLes Enfants Terriblesという演劇学校に通っている。「Alive」(18分)では、彼女も主役を演じています。この作品は東京リフトオフ映画祭(2020年)に入選しています。2021年に「Bio Plastic」を共同監督することで、共通の冒険に出ることを決意する。

レティシア・ボー監督/パリ 第8大学/フランス
物語を作り、プロジェクトに命を吹き込むことは、彼女にとって幸せなことです。これは、彼女が職業にしたいと思った情熱です。ソルボンヌ・ヌーベル大学で映画とオーディオビジュアルの学士号を取得した後、Itecom Artのデザイン学校で編集と特殊効果のセクションに1年間在籍しました。その後、パリ第8大学で映画の専門的な修士号を取得しました(制作・創作部門)。